30代40代フリーランスも副業が必要?【方法論は無限】

30代40代フリーランス副業 フリーランス

副業するのは勿体ない!30代40代フリーランスの傾向

こんにちは、すずです。

何を隠そう、私も40代に突入したフリーランスです。

webコンサルティングを本業に収益を立てています。

今、副業というよりも検証のためにブログとYouTubeを細々と行っております。

 

今の仕事で稼いでいる収入で家族は生活できているものの、もう少し余裕を持ちたい。
もう40代なので今から何かを勉強して身につけるには年齢的にも厳しそうだし、やっぱり副業をするべきなのかなぁ。

 

今回はこういった主に子育てをする30代、40代のフリーランスが抱える稼ぎの問題について解決方法をお伝えします。

結論から話すと、人によって副業をやるべきではない人と副業をやった方がいい人がいます。

この辺りから説明させていただきます。

 

副業をやるべきではないフリーランス

本業と副業

今行っている仕事が下記いずれかの場合は、副業は一旦やるべきではありません。

 

・プログラミングやwebデザインなど、何かしらの専門知識やスキルを備えていて、その分野で仕事をしている

・営業経験があり、特定のノウハウを持っていて主にコンサルタント的なポジションで仕事をしている

「いや、とは言っても今お金が必要なんですよ!」

という人が大半ですよね。

この記事を読んでいるということは、一定数の人は副業を考えているわけですから。

 

でもちょっと待ってください。

単にお金、いわゆる収入を増やすための方法論なら無限にあります。

副業をやるべきかどうか、今一度冷静になって考えてみてください。

 

上記に当てはまるフリーランスの方は副業をやるべきではなく、まずは専門分野を十分に強化するべきです。

なぜならそっちの方が副業をやるよりもはるかに成果が出やすいから。

まったく新しい分野に手を出すよりも、今行っている専門分野の延長線上で新しいビジネス展開をしていく方が確実です。

 

専門分野の延長線上で行う新しいビジネス展開

顧客満足度

例えば、

・新規顧客を増やすにはどうしたらいいか?
・単価を上げるにはどうしたらいいか?

こういった事に時間を割いていった方が有益です。

 

そして「新規顧客を増やす」「単価を上げる」には、まずは今のお客さんにヒアリングしてみたり、提案することをおすすめします。

なぜなら新しく顧客を探すより、今のお客さんから新規顧客を紹介してもらったり、今のお客さんの単価を上げる方が成果が出る確率が高いからです。

自分がしっかりとお客さんと向き合って信用を勝ち取れているなら紹介によって即行で成果が出ます。

また、提供されているサービスに満足しているなら多少の単価アップも飲んでくれるでしょう。

 

事実、私はフリーランスになって依頼、営業を一度も行わず顧客を増やしてきました。

また、自分のここだと思うタイミングで単価アップも出来ております。

 

フリーランスが信用を得る方法についてはこちらをご参照ください。

参照:フリーランス(個人)が信用を得るための【重要5項目】

 

新しい仕事が欲しいなら時間を空けること

時間がない

「今これくらいの時間枠が空いているので、周りに困っている人がいたらぜひ紹介してほしい」

と、今までのお客さん全員に声をかけた事がありますか?

 

おそらく、ほとんどの人はこの声がけをしていません。

声がけはタダで出来ます!

 

声がけをしていない理由の1つとして、もしかすると、

「時間が空いている=仕事がない=暇=稼げていない」

という風に連想して、自分が稼げていない事が恥ずかしくて言えないという人もいるかもしれません。

 

これは大きな間違いで、稼げていない人、もっというと今後稼いでいけない人の特徴は

「時間が空いていない=新しい仕事が入る隙間がない=暇がない=稼げない」

という傾向の人です。この状態の人は危険信号。

 

なので、時間が空いているということを言っても何も恥じることはありません。

むしろお客さんにとって、自分に時間を取ってくれるというのはとても有難いことだと思います。

 

もし今作業に追われて時間がない人は、まずは時間を確保することから始めるべきです。

時間を確保しないと何も新しいものは入ってきませんし、収入も増やすことが出来ません。

副業なんかやって尚更時間が無くなってしまうと本末転倒ですからね。

 

副業をやるべきフリーランス

スキルアップ

それでは長くなりましたが、ここから副業をやった方がいい人について答えていきます。

 

ちょっと逆説的になってしまいますが、先ほど紹介した

・プログラミングやwebデザインなど、何かしらの専門知識やスキルを備えていて、その分野で仕事をしている

・営業経験があり、特定のノウハウを持っていて主にコンサルタント的なポジションで仕事をしている

今この2つに当てはまらない仕事をしている人は、個人的にはまずこの2ついずれかのスキルを習得することを先におすすめします。

これはフリーランスだからこそできる副業とも言えます。

それによって、今行っている仕事が副業になり、新しい本業が生まれる可能性があるからです。

 

プロスポーツ選手を目指すわけではないので、年齢は関係ありません。

どんな分野でも、学びたいと思えばいくらでも学べますし、スキルやノウハウも習得出来るはずです。

下記におすすめ一例をピックアップしてみました。

 

【プログラミング関連】

受講生の約90%は未経験からのスタート。30代、40代でもOK!
フリーランス・起業の要となるマーケティングや案件受注の仕方等も身に付けることが可能。
最高の6ヶ月!超実践型プログラミングスクール【.pro】

オンラインスクールだから、全国どこでも受講可能!
自分の生活スタイルに合わせて学ぶことができます。
プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

【Webデザイン関連】

IT業界で有名なWeb制作会社(株式会社LIG)が運営するスクール。
若年層向けですが、スキルアップは確実にできるおすすめの会社です。
現役クリエイターによる直接指導!Webクリエイタースクール【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

【コンサルティング・アドバイザー関連】

スキンケアのアドバイザーとなって美容の知識やノウハウを公開するのも需要が多そうですね。
美容のプロを目指す!【スキンケアアドバイザー資格通信講座】

お酒が好きな人はこういうのもアリ!受講生の9割以上は一般のワイン好きの方です。
国内No.1のワインスクール【アカデミー・デュ・ヴァン】

 

でも、あまり気が向かない人はここもやるべきじゃありません。

気が向かないものを学べといっても無理ですから。これも年齢に関係なく。

 

不労所得となるような副業

動画編集

これまで話してきた内容以外で、フリーランスで仕事をしている人は副業をやるべきです。

その副業を選ぶ際に、不労所得になるような副業を選びがちです。

・ブログ(ブロガー、アフィリエイター)
・YouTube(演者)
・SNS(インフルエンサー)

などですね。

 

でも、言うまでもなく、こちらはすぐに結果が出るようなものではありません。

実際に今私がこうして記事を書いているのも、アフィリエイトの検証のためだったりします。

参照:初心者(ど素人)が令和元年からアフィリエイトへ挑戦

 

約1ヶ月半、20記事を書いて成果43円です。

どうですか?やれますか?

 

99%の人はこの現実を聞いて辞退すると思います。

だってコンビニで5分働いた方が報酬が高いですからね。笑

 

こちらの3つは上手くいけば不労所得になるものですが、いずれも最低1年くらいは何も成果がない状況で作業をしていくことになります。

そうなると、そこを目指す人たちのサポート役になる方法も出てきます。

 

・文章力がある、または文章を書くのが好きなのであればwebライター
・ある程度PCのスキルがあればYouTube等の動画編集
・インフルエンサーの人の画像編集や代理投稿など

こちらの方を狙う方が需要もあり、作業して納品すれば比較的早い段階で報酬が支払われるため、そこそこ稼げます。

単発で報酬を得たい人にはとてもおすすめですね!

 

それも出来そうにないという人の副業はコレしかない!

初心者の作業

これまで紹介してきた中で「しっくり来るものが無い」という人は、もうコレしかありません。

・データ入力、アンケートなど、誰でもできそうな仕事を定期的に探す
・業務委託で求人を探している企業を探す

 

【データ入力、アンケートなど、誰でもできそうな仕事を定期的に探す】

誰にでも出来る簡単な作業の反面、作業単価は安いです。

これらの作業は下記のようなクラウドソーシングで簡単に見つけることが出来ます!

 

Craudia(クラウディア)Web制作5万円~手数料無料で発注可能!【Craudia】

Bizseek(ビズシーク)信頼できるクラウドソーシングサイト【Bizseek】

CrowdWorks(クラウドワークス)日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

@SOHO(アットソーホー)起業の求人情報ポータルサイト【@SOHO】

ココナラ 自分のスキルや得意が売れる【ココナラ】

 

【業務委託で求人を探している企業を探す】

これは意外と高単価になりますが、注意しないと普通の会社員となってしまいがちなので、しっかり本業と区別する必要があります。

区別ができる働き方であれば意外と稼げますし、おすすめです!

 

ある程度スキルを持ち合わせている人で、会社に出向ける人はこういうサイトへとりあえず登録しておくと良いと思います。

週1日~でも高単価の案件なら【DYMテック】

※実は私も本業が軌道に乗るまで、業務委託で仕事をもらい、その会社に出社していた時期もあります。仕事量が多すぎて、本業に支障が出てきたために辞めましたが、それでも収入の足しになったし、様々な事が学べて本業の方を伸ばす事が出来ました。

 

結論とまとめ

安全志向と挑戦

結論、副業でも自分がやりたいと思える仕事を継続してやっていく事が大切です。

今行っている仕事はおそらく自分がやりたいと思える仕事をしている人が多いと思います。

それならまずは副業を考える前に、その仕事で「新規顧客をどう増やすか」「どうしたら単価アップできるか」など、見直すことから始めましょう!

 

それと同時に時間を作ること。

時間を作るには、今行っているものの中で自分じゃなくても出来ることを捨てなければいけません。
(捨てる=誰かに託すということです)

その時間を新しいことに取り組む時間にあてていきましょう。

 

副業をやるべき人は、ある程度の単価の仕事を受けるには、ライティングや動画編集など、スキルも同時に必要になります。

スキル無しで誰でも出来る仕事を望むのであれば、作業単価を気にしないこと。

また、極端に言えば、自分がやりたい事で何かしらのスキルを得られるのであれば無償でもやってみればいいと思います。

それらの経験から得られるものが必ずあるので、それを本業にどう活かせられるか?を考えて行動していく。

 

上記のように考えて行動していければ、今よりも収入は確実にアップしていきます。

何事も挑戦してみましょう!

 

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました。