毛髪ホルモン量測定キットで実験!【AGA治療2年9ヶ月】

美容・ヘアケア

AGA治療をやり始めて2年9ヶ月が経過しました

こんにちは、すずです。

セルフAGA治療を体験レポートしているアラフォー男子です。

AGA治療をやり始めて2年9ヶ月が経過しましたので、進捗を報告させていただきます。

 

前回、今後の治療にデュタステリドを取り入れることをお伝えさせていただきましたが、その流れで1つ実験をしてみたいと思います。

 

こちらに同内容の動画も撮っておりますので、文章を読むのが面倒くさい方はこちらからどうぞ。

 

毛髪ホルモン量測定キットで実験!デュタステリド効果は果たして?

毛髪ホルモン量測定キット

はい、こちら毛髪ホルモン量測定キットです。こちらを購入してみました。

自分の毛を採取して返送すると、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の値やAGAリスクレベルを教えてくれるというものですね。

 

まあ、正直AGAリスクレベルはどうでもいいんですけど、今回デュタステリドを取り入れる前と

取り入れた後とでは、どの程度のジヒドロテストステロンの値が変化するのか?

これを実験してみたいと思いました。

 

中身はですね、、このようなものが入っております。

毛髪ホルモン量測定キットの中身

毛髪ホルモン量測定キットの注意書き

一応注意書きにこのようなことが記載されております。

『頭頂部の髪を5本〜10本』と書いていますね。…なので、前頭部生え際の髪を採取しときます。笑

正確な数値が欲しいわけじゃなく、変化の違いを知りたいので。ここはあえて生え際の髪にしておきます。

 

はい、このように前頭部生え際の毛を採取しました。

毛髪ホルモン量測定キット毛の採取

AGAリスクレベルはステージ4確実な感じの毛ですね。笑

これを同封されていた袋に入れて、返送します。結果が届くまでに2週間ほどかかるみたいなので、これでちょっと待っておきます。

このような形で、今までのように写真で見た目の変化をチェックしていくのと併せて、ジヒドロテストステロンの値の変化もチェックしてみたいと思います。

 

ちなみにデュタステリドはこちらを購入しました。

デュタステリドDuprost

色々と種類があってよく分からなかったので、とりあえず今使用しているフィナステリドと同じメーカーが出しているデュタステリドがあったので、単純にその理由だけでこれを選びました。

 

まあ、結局のところどの商品を選ぼうが、個人差によって合う・合わないがあると思うので、一旦こちらの商品で試していきます。

とは言ってもこれ100錠のものしかなかったんですけど、週1回しか服用しないので、消費するまでに約2年かかります。

そしてこのデュタステリドなんですけども、商品の到着が遅くなってですね、今まだデュタステリドの服用を開始して2週間程、2回だけ服用した状態です。

 

先月から今月にかけての変化(M字編)

それを踏まえて、先月から今月にかけての変化を見てください。

まずは右側のM字の変化がこちら!

 

<1ヶ月前との比較> ※↓クリックすると鮮明な大きな画像で見れます。

1ヶ月前との頭皮の比較

はい、このようにまだほとんど変化はないように感じます。

見方によっては若干濃くなったかなぁと思いますけども、デュタステリド効果というよりもダーマローラー効果の方だと思われます。

デュタステリド効果というのは実際のところまだ分からないんですけど、副作用的なものは今のところ特に何も感じられません。

 

では今度は左側のM字も見てみましょう。

こちらです!

 

<1ヶ月前との比較> ※↓クリックすると鮮明な大きな画像で見れます。

1ヶ月前との頭皮の比較

左側のM字も右側と同じような感じですね。

ほとんど変化はないですけども、減ったり薄くなっている感じでもありません。

場所によっては若干濃くなったかなぁとも感じられます。

見た目で明らかな変化が分かればいいんですけど、このように実際どの程度デュタステリドの効果が出ているのか分からない、というのを調べるためにもホルモン量測定をしました。

今後ジヒドロテストステロンの値がどのような変化を起こすのか?見物でございます。

 

では、マイクロスコープでもM字の状態を見てみますね。

マイクロスコープでみたM字の比較

こちらは右側のM字の様子をマイクロスコープで見ています。

右側にあるホクロと左側にある太い毛を基準に見てください。

(※左の映像が先月、右の映像が現在の状態です。)

 

マイクロスコープでみたM字の比較

今回もまだこの太い毛は健在ですねー。

AGA化されていない、正常な毛がどれほど根強いのかがよく分かります。

 

マイクロスコープでみたM字の比較

前回は1本1本の毛が太くなっている感じがありましたけども、今回はそれほど変化は見られませんね。

デュタステリドが前頭部やM字にも効果を発揮するのであれば、この辺りの毛にも変化がみられるはずです。

これらAGA化された毛が今後果たしてどのように変化していくのか、もしくは変化しないのか、注目していきたいと思います。

※マイクロスコープの様子はぜひ動画でご覧ください。

 

先月から今月にかけての変化(前頭部生え際、頭頂部編)

次に前頭部生え際の先月から今月にかけての変化がこちら!

 

<1ヶ月前との比較> ※↓クリックすると鮮明な大きな画像で見れます。

1ヶ月前との生え際の比較

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、生え際にあるピコピコっとした産毛が少しずつ育ってきているんですよね。

これはダーマローラー効果であることは間違いないです。

 

そして頭頂部の変化がこちら!

 

<1ヶ月前との比較>

1ヶ月前との頭頂部の比較

これはデュタステリド効果なのかもしれませんが、最近また抜け毛が抑えられてきております。

抜け毛が多い時って、シャンプー後、髪の毛を濯いだ後に手櫛で毛をかき分けると、手に毛が何本か付くんですけど、しかも何回やっても付くんですけど、抜け毛が少ない時はほとんど手に付かないんですよね。

抜け毛の判断基準として皆さんもシャンプー後にぜひ試してみてください。

 

ビフォー(2年9ヶ月前)からの比較

それでは次にビフォーからの比較です。

まずはM字部分がこちら!

 

<beforeとの比較> ※↓クリックすると鮮明な大きな画像で見れます。

ビフォーからのM字部分の比較

生えたり抜けたりを繰り返してきましたけども、ようやく髪の毛らしさを戻してきましたね。

産毛の発生からここまでよく改善して来れたと思います。

 

そして前頭部生え際の比較がこちら!

 

<beforeとの比較> ※↓クリックすると鮮明な大きな画像で見れます。

ビフォーからの生え際の比較

先ほどもお伝えしましたけども、生え際近辺の毛がだいぶ育ってきております。

この角度だと分かりやすいですね。この生え際部分も今後の変化に注目です。

 

最後に頭頂部の比較がこちら!

 

<beforeとの比較>

ビフォーからの頭頂部の比較

ここまで順調にきております。

デュタステリドによって頭頂部にも何かしらの変化が起こるのかも気にかけておきます。

 

はい、このような感じで変化していっております。

来月の段階でもまだデュタステリドを開始して1ヶ月半ほどなので、仮に効果が出ていたとしても見た目の変化の違いが分からないかもしれませんね。

ちなみに毛髪ホルモン量測定に関しては、半年後くらいに再測定しようと考えておりますので、少々長期戦となりますが、お付き合いの程よろしくお願いいたします。

 

ありがとうございました。

 

※注意)
この記事はあくまでも個人でAGA治療を行った体験談となります。
AGA治療薬の購入を促す目的や、効果効能を保証するものではありません。
尚、国内で認可されていない医薬品の購入(個人輸入)は自己責任となりますので、副作用等が心配な方はAGA治療専門のクリニックへご相談されることをお勧めいたします。