左側M字は停滞か!?片側ダーマローラー再開!【AGA治療2年2ヶ月】

美容・ヘアケア

AGA治療をやり始めて2年2ヶ月が経過しました

こんにちは、すずです。

セルフAGA治療を体験レポートしているアラフォー男子です。

AGA治療をやり始めて2年2ヶ月が経過しましたので、進捗を報告させていただきます。

 

前回ですね、塗りミノ5%を10%に変更した変化について簡単に触れましたけども、今回はそれから更に1ヶ月経過した効果を中心に見ていきたいと思います。

 

こちらに同内容の動画も撮っておりますので、文章を読むのが面倒くさい方はこちらからどうぞ。

 

先月・2ヶ月前から今月にかけての変化(右側のM字編)

それでは早速見ていきましょう!

先に右側のM字の先月から今月にかけての変化です。こちら!

 

※↓クリックすると鮮明な大きな画像で見れます。

1ヶ月前との頭皮の比較

はい、今回も薄毛化現象が起こることなく、しっかりと生えてきています。

今思えば先月の段階で既に薄毛化の周期が来ていたのかもしれませんね。

 

ただ塗りミノ濃度を上げたせいか、先月も薄くなったという印象はありませんでした。

今回もそこからだいぶ復活しているように感じます。

 

塗りミノ濃度を変更する前、2ヶ月前との比較がこちらです!

 

<2ヶ月前との比較> ※↓クリックすると鮮明な大きな画像で見れます。

2ヶ月前との頭皮の比較

はい、こちら左側が塗りミノ10%に変更する前の状態です。

ちょっと映像では分かりにくいかもしれませんが、結構M字部分の毛が育ってきているんですよね。

この右側のM字の変化や前回の変化を見る限りでは、塗りミノ5%から10%に変更した効果というのは「発毛スピードの違い」という点が挙げられそうです。

 

先月・2ヶ月前から今月にかけての変化(左側のM字編)

では今度は左側のM字の先月から今月にかけての変化を見てみましょう!

こちら!

 

<1ヶ月前との比較> ※↓クリックすると鮮明な大きな画像で見れます。

1ヶ月前との頭皮の比較

はい、左側はやはり未だ目に見えた変化というのは感じられませんでした。

今や停滞しているこの左側のM字も、一時期は産毛隊員たちがこぞって生還していた時期もあったんですけどね。

どうやら左側に関しては塗りミノ濃度に限らず、この停滞している状態を打破することは難しそうです。

 

一応こちらも塗りミノ濃度を変更する前、2ヶ月前との比較を見てみましょう。

こちら!

 

<2ヶ月前との比較> ※↓クリックすると鮮明な大きな画像で見れます。

2ヶ月前との頭皮の比較

このようにですね、左側のM字に関しては、塗りミノ濃度を上げる前と比較しても、さほど変化がないことが分かります。

 

はい、皆様が突っ込みたいことは分かっています。

「塗りミノ10%に変えたことによる変化について、左右のM字で矛盾が生じとるやんけ!」

ですよね?

 

右側のM字だけを見ると塗りミノ濃度を上げた効果があるように見えますし、左側のM字だけを見るとその効果は無いとも言えますね。

左右のM字で唯一違う点と言えば、過去に右側のM字はダーマローラーを使用していたことです。

一時は皮膚が損傷したこともありましたけども、今はきれいな頭皮に完治しております。

 

完全なる憶測ですけども、右側のM字に関してはこの生まれ変わった頭皮であることが影響しているのではないかと思うんですけど、皆さんはどう感じられますでしょうか?

 

これらを踏まえてですね、今月から左側のM字のみに再度ダーマローラーを使用してこの謎を解明していきたいと思います。

 

これでもし、左側のM字が再度復活してくるようなことがあれば、AGA治療で効果が出ないという方はダーマローラーによって突破口が見えてくる可能性が高いということになります。

逆にダーマローラーを使用しても変化がなければ、左側のM字はフィナステリド+塗りミノ+ダーマローラーの治療ではここまでが限界ということになります。

そして同時に、塗りミノ濃度で効果の違いはない、(現状右側のM字で起こっている現象は、5%の塗りミノであっても効果が出ていた)という結論になります。

 

またこちら次回以降、しっかりと経過を追って報告させていただきます。

 

 

それではマイクロスコープでもM字の状態を見てみましょう。

マイクロスコープでみたM字の比較

左が先月、右が現在の状態です。

右側にあるホクロと左側にある太い毛を基準に見てください。

マイクロスコープでみたM字の比較

マイクロスコープで見る限り、この辺りの毛はそれほど目立った変化がありませんけども、

マイクロスコープでみたM字の比較

その下の方辺りは少し太い毛が生えてきている感じがしますね。

マイクロスコープでみたM字の比較

でもこちら横の方はまだ瀕死エリアとなっております。

なかなかこの辺りの毛が髪の毛に変化するのは難しそうです。

 

先月から今月にかけての変化(前頭部生え際、頭頂部編)

それでは次に前頭部生え際と頭頂部編です。

まずは前頭部生え際の先月から今月にかけての変化がこちら!

 

<1ヶ月前との比較> ※↓クリックすると鮮明な大きな画像で見れます。

1ヶ月前との生え際の比較

なかなかこの画像では分かりにくいかもしれませんけども、先ほどM字の比較でもお伝えしたように、右側のM字はだいぶ復活してきてるんですよね。

今右側のM字部分の毛の長さが大体3~4cmくらいです。もうほぼ髪の毛と言えるほどに成長してきております。

 

<塗りミノを塗った後の状態> ※↓クリックすると鮮明な大きな画像で見れます。

塗りミノキシジルを塗った頭皮

ちなみにこちらは塗りミノを塗った後、濡れた状態で生え際を見た時の様子なんですけども、この映像を見るとより右側のM字の方が改善されているのが分かるかと思います。

 

そして頭頂部の変化がこちら!

 

<1ヶ月前との比較>

1ヶ月前との頭頂部の比較

はい、こちらはもう紹介しなくてもいいかなぁと思ってきているんですけど、まあ頭頂部に関しては薄くなることもなく、順調にハリやコシも出てきて復活した髪をしっかりとキープできております。

塗りミノ濃度を変えたことによる効果については、もうここまでくると分かりませんね。

 

ビフォー(2年2ヶ月前)からの比較

次にビフォーからの比較です。

まずはM字部分がこちら!

 

<beforeとの比較> ※↓クリックすると鮮明な大きな画像で見れます。

ビフォーからのM字部分の比較

beforeのこちらのホクロが先ほどマイクロスコープで基準としていたホクロです。

現在だとおそらく赤丸辺りにそのホクロがあります。

この位置関係からも、どれだけ改善されたのかがよく分かりますね。

ですが、こちらはまだもうちょっと復活させられるように頑張ってみたいと思います。

 

そして前頭部生え際の比較がこちら!

 

<beforeとの比較> ※↓クリックすると鮮明な大きな画像で見れます。

ビフォーからの生え際の比較

来月以降は左側のM字の変化に注目です。

ここから果たしてどのくらい復活できるのか、それともこれで限界なのか、はっきりさせてやります。

 

最後に頭頂部の比較がこちら!

 

<beforeとの比較>

ビフォーからの頭頂部の比較

そういえば最近電車に乗らなくなったので完全に忘れていましたけど、頭頂部が薄いと電車で座っている時って上からの視線がむっちゃ気になりますよね。

僕はその回避策として、首をこうグ~っとヘソを見るかのように、これでもかというくらいに傾けて、後頭部を見せるかのようにして寝てました。笑

今思えばなかなか無駄な抵抗だったと思います。

 

はい、このような感じで変化していっております。

早速今月から左側のM字のみダーマローラーを使用していきます。

前回の右側のM字でダーマローラーを使用した時は確か2ヶ月ちょっとで明確な変化が起こっておりました。

今回左側のM字でも同じような効果が表れるのかどうか、しっかりと検証を行っていきたいと思います。

ありがとうございました。

 

※注意)
この記事はあくまでも個人でAGA治療を行った体験談となります。
AGA治療薬の購入を促す目的や、効果効能を保証するものではありません。
尚、国内で認可されていない医薬品の購入(個人輸入)は自己責任となりますので、副作用等が心配な方はAGA治療専門のクリニックへご相談されることをお勧めいたします。